calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

categories

Ranking

年代別ブログ図鑑
ブログ王

BOOK

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2019.03.31 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    黒/バ/ス 2

    0



      シャララてやいやいってそれなんて黄火。いや火黄?



      っていう、某有名アニメ映画の歌から派生した人魚姫妄想

       


      ◆配役◆



      人魚姫:黄/瀬くん
      王子様:火/神くん


      魔女:花/宮

      王子と結婚する娘さん:氷/室さん

      人魚姫の姉たち:海/常の先輩方




      火/神くんはナイフを受け取ることもなく、王子が幸せになるのならそれでいいとか言いそうだしそもそも人間になる選択の時点で迷いに迷って諦めそう。でも黄/瀬くんは、好きな人に会いたいからリスクがあっても人間になっちゃうし、王子ぶっ殺したら人魚に戻れるよ!って言われたらちょっと迷うと思うんだよね。なので黄/瀬くん人魚姫で。

      魔女の花/宮は、 世界一美しい声という高い報酬(声を奪ったことによって人魚姫は気持ちを伝えられなくなる)・結婚できなければ死ぬとかいうふざけた条件 から、魔女は性格悪いけど高すぎる報酬とリスクを課すことをすればお願いくらい叶えてくれそうな人、ってことで。赤/司様はラスボスっぽいけどあんまお願い叶えてくれなさそうだし。

      王子と結婚する娘さんの氷/室さんは、系統は違うけど美形ってことで。


      「このナイフでry」のセリフはもちろん笠/松さんです。



      好きな人にどうしても会いたいから死ぬかもしんないけど人間になるとかいうまさに「恋は盲目」思考は黄/瀬くんにぴったりだよね!!!
      火/氷の結婚が決まった時点で俺じゃない人と結婚するなら殺してやるくらいまでいっちゃいそうだけど。



      ちなみに配役が逆になると


      人魚姫:火/神ちゃん
      王子:黄/瀬くん


      魔女:花/宮

      王子と結婚する娘:青/峰(笑)(笑)(笑)

      人魚姫の姉たち:誠/凛の先輩方および一年生




      まず火/神ちゃんは恋に落ちてもすぐ人間になればいいんだ!とは思いません。
      人魚と人間、かなうはずないと諦めます。でも物語が終わってしまうので、霧/崎/第/一の方々に協力してもらい、火/神ちゃんと花/宮を会わせます。そこでも火神ちゃんは悩みに悩みますが、花/宮が上手いこと言って交渉成立、人間になります。

      で、まあなんやかんやで黄/瀬くんと再会。
      しかし黄/瀬くんはあの日助けてくれた女の子を青/峰だと勘違いし、青/峰を追い回すわんこになってました。
      火/神ちゃんは早速の失恋に悲しみますが、どうみても黄→→→→→→→→→青だし、自分のこともかわいがってくれているので、それはそれで幸せだと思いました。

      しかし結局、黄/瀬くんと青/峰さんは結婚することになってしまいました。
      悲しみに暮れる火/神ちゃん。明日の朝には泡になるんだと物思いに耽っていると、誠/凛の先輩方が来て「このナイフでry」のセリフを言われます。いうのは日/向先輩です。
      火/神ちゃんはナイフを受け取りもしませんでした。愛する人の命を奪って生きながらえるなど、考えられなかったのです。それに、黄/瀬くんの片想いが実り幸せそうだったので、それでいいと思いました。

      火/神ちゃんは二人の結婚を見届けると、誰にも知られぬまま、ひっそりと泡になったのです。





      そこでぶちキレるのが黒/子さん。
      まず花/宮に報復を考えます。ぼっこぼこにします。そしてノーリスクで人間になり、黄/青もどうにかしようと考えます。


      「人魚姫 ―復讐編―」に続く




      ※)続きません!

      スポンサーサイト

      0
        • 2019.03.31 Sunday
        • -
        • 22:52
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック